庭木の悩みには、剪定と伐採で解決

庭木の悩み

庭付き一戸建てを購入したおうちには共通の悩みがあると思います。
それは、庭木の手入れなどの植物に関する悩みです。

特に、庭木の手入れには、気を付けておかないとご近所トラブルにも発展しかねません。
日本の住宅事情は、欧米などと違って大変せせこましいのが、現状です。
隣接した家同士の距離が近すぎて、おちおち木を植えて花をめでることもできません。

そこで、庭木の問題には、剪定と伐採を組み合わせて対処しましょう。
剪定とは、不用な枝と切断することで樹形を整えるという作業です。剪定には、不用な枝を見極める力と、切断作業そのものの腕が必要になります。
また、剪定は、花を観賞する木に行う場合には、気を付けないと花を楽しむことが困難になるケースがあります。

伐採の場合は、前出の剪定という作業にお金をかけるのが嫌になったり、もしくは病気になった木に対して施す最後の手段です。
自然界の木にたいする伐採と違って、スタッフの数も、使う設備も大がかりなものになるので大変お金がかかります。
伐採と聞くと、単純にチェーンソーなどで簡単にやってしまえるような印象を持ってしまいがちですが、それは違います。

剪定と伐採をうまく使い分けて、庭木と上手に付き合っていきましょう。

草刈機でお庭の雑草を一掃しましょう『ゼノア株式会社』


2013/12/02
伐採の仕方を更新しました。
2013/12/02
剪定の手順を更新しました。
2013/12/02
良い枝と悪い枝を更新しました。
2013/12/02
花と剪定を更新しました。
2013/12/02
必要な時期を更新しました。
2013/12/02
整えるということを更新しました。